賛美大会 2011年10月15日(土)2時 トーランス・フェイス・ユナイテッドメソデイスト教会
  隔年に行われる神の偉業をたたえるコンサート。 L.A.Daiku としては、2度目の参加。  男声女声20名が
 
ハイドンの天地創造から「み空は語る」、 ヘンデルのメサイアからハレルヤコーラスを歌った。  
  大会では、LA Daiku の有志で構成するクリエーション・コーラスは、参加の8グループの最後に出演、すばらしい
 盛り上がりを見せて終幕を飾った。   
L.A.Daiku Look-back
 過去7年をふりかえって 2009-2017
Rivised 6-10-17
2016年11月5日  第7回L.A.Daiku 定例コンサート  Altadena  Community Church
 L.A.Daiku の定例コンサートは練習を始めて二年を経た2011年10月にその第一回目を
迎えた。 この日は初回にもかかわらず、会場は超満員、聴衆はロビーまであふれ、最終曲「第九」
のフィナーレが終わるとスタンデイング・オベイションと幸先良いスタートとなった。 以後、毎年
一回またはSpring ,Fallの二回 Dr. Bernstein の指導、指揮で着実にコンサートを開催、昨年秋には
第7回コンサートを成功裡に終了した。
第一回定例コンサート・リーフレット
第1回    2011年10月22日(土) Mission Valley Free Methodist Church 曲目:America, the Beautiful,baroque pieces, Japanese
                            songs, 「第九」第四楽章(ピアノ) 
第2回    2012年10月14日(日)   Mission Valley Free Methodist Church 曲目:Mozart 戴冠ミサ、日米songs, 「第九」最終楽章
                  
          ピアノ連弾による)
第3回    2013年10月27日(日) Union Church of Los Angeles   曲目:Vivaldi "Gloria", "Ode to Joy", 「浜辺の歌」ほか

第4回    2014年 5月 3日(土) Union Church of Los Angeles  曲目:”Fukushima Requiem”、「荒城の月」ほか
                           Forest Choir (San Francisco) との合同演奏「ふるさと」
第5回    2015年 6月20日(土)    Altadena Community Church   曲目:Schubert "Mass in G Minor"、JS Bach, Handel 小曲、
                           「久方の」、「ソーラン節」、「故郷の四季」より
第6回    2016年 4月16日(土) Altadena Community Church   曲目:”Fukushima Requiem”, Faure "Requiem"より、「ふるさとの
                           四季」,「久方の」,"Shenandoah", "O waly waly" ほか
第7回    2016年11月 5日(土)    Altadena Community Church   曲目:JS Bach, Handel, Mendelssohn,Faure ほか
 新年第九コンサート L.A.Daiku が発足して四年目の2012年一月、この規模の音楽団体では他に例がない経済的にも技術
的にも野心的なプロジェクトが実現された。 
 日本人がこよなく愛する「第九」、そして今や日本の新しい文化となりつつある「第九コンサート」、年間に200件以上もあ
り、とくに年末は毎日のように日本中で行われる。 この「人類愛」をたたえる日本文化を、ここアメリカでも、という卓越した
そして強固な意志があらゆる困難を克服させた。
 2012年1月7日、ロサンゼルス近郊の由緒あるサンゲーブルのミッション、1500人収容のプレイハウスで、 L.A.
Daiku オーケストラと銘打ってとくに編成されたフル・オーケス トラ、
L.A.DaikuとPasadena Master Chorale の合同
コーラスは、Dr.Bernstein  指揮で行われ成功裡に終了した。 L.A.Daiku による「New Year Daiku Concert」は 日本
文化の海外への紹介、発展への嚆矢となったと言えよう。

第1回 New Year Daiku Concert   2012年1月7日(土) 7:30p  San Gabriel Mission Playhouse
 
第2回 New Year Daiku Concert   2013年1月5日(土)   7:30p  San Gabriel Mission Playhouse
                                           日本から10数名のコーラスメンバーが参加、またアルトの
                                  諸田博美 さんがこのコンサートのため 来米、出演。

第3回 New Year Daiku Concert     *2014年1月 日(土)         Aratani Japan  America Theatre                                   
                                  日本からソプラノ熊坂真理さんが来米、出演。

第4回 New Year Daiku Concert     *2015年1月 日(土)             
   Aratani Japan  America Theatre                                   
                                   日本からバリトン明珍宏和さんが来米、出演。
                                 「フクシマ・リクイエム」も演奏された。
 
第5回 New Year Daiku Concert     *2016年1月 日(土)     
   Aratani Japan  America Theatre                                   
  
第6回 New Year Daiku Concert    2017年1月15日(日)               Aratani Japan  America Theatre                                   
                                 日本からテナー谷浩一郎さんが来米、出演。  
 
 *印:データ準備中
第一回New Year Daiku
Concert Leaqflet

東日本大震災復興支援チャリテイー・コンサート LAPDホール 2011年4月9日(土)6:30pm 
 
 3月11日に東北地方太平洋沿岸を中心に発生した未曾有の大地震と津波による大被害から
 の復興を支援する、LAおよび近郊の音楽家・音楽団体によるチャリテイー・コンサートが
 催された。 L.A.Daiku は、 "Why we sing" と「花」を歌って、被災地のかたがたを心
 から支援した。 当日の寄付金は25,000ドルに達し、総領事館を通じて被災地に届けられ

”Beethoven 9th for Japan” Walt Desney Concert Hall 2011年6月19日(日)7pm、
 ロサンゼルス在住の音楽家・声楽家230名が、3月11日の東北地震津波に打ちひしがれた日本を救おうという旗の下に一堂
に会した友情のコンサート。音楽監督・指揮はLAフィルのGuido Lamell氏。 L.A.Daikuからは棚野会長以下、男声5名、女
声20名が参加した。 日系の参加団体としては唯一のもので、LAフィル ,LAマスターコラールとの共演は、L.A.Daiku に
とって注目すべき実績の一つとなった。

東北大震災・津波被災地復興支援コンサート 2012年3月11日(日)West Covina Presbyterian church
 
南加の日系合唱団体計8グループが参加して行われた。合同曲として Dr.Bernstein がこのコンサートのために作曲した
「フクシマ・リクイエム」が120名の大編成の合唱で初演され、聴衆の感涙を呼んだ。 L.A.Daiku はほかに 同氏編曲の「荒
城の月」および「Why we sing」を歌い、各コーラスグループはそれぞれ3・11犠牲者の追悼にふさわしい曲を披露した。
 このコンサートの寄付金は全額東北の被災地に贈られた。

サダコ・イヴェント 協賛支援コンサート 2013年8月6日( 火 )
 8月6日(火)8:00 PM 「Remembering Sadako: Folding for Peace サダコ イヴェント」として、JACCCはじめ組織・
団体が
広島原爆投下の日に合わせて、イヴェントを行った。 LADとPMCがバーンシュタイン博士の指揮で「第九(ソロな
し、ピアノ伴奏、ショートヴァージョン)」を演奏、サダコの冥福と平和を祈った。
第29回鳴門第九演奏会  2010年6月6日 (日)
 恒例のベートーヴエン第九交響曲演奏会が、第九日本初演の地徳島県鳴門市文化会館ホールで行われ、日本全国から580人の
第九シンガーが結集した。 L.A.Daiku からは、12人の メンバーが海外から初めて参加した。   
          
第30回鳴門第九演奏会 2011年6月5日(日
 L.A.Daiku は「全日本第九を歌う会」の会員。 毎年開かれるこの大会に日本全国からはせ参じる第九シンガーとともに招
待されている唯一の海外からの参加である。 2011年は本大会も第30回になり、ひときわ盛大に行われた。 L.A.Daiku か
らの参加者は15名。 2012はJeffrey, Lauren 両先生が同行され、参加メンバーにとって感慨深いものとなった。
第31回鳴門第九演奏会 2012年6月3日 (日)
 L.A.Daiku  からは27のメンバーと、Dr. Bernstein 音楽監督、Ms.Buckley ハリウッド・マスターコラール音楽監督が
参加した。 翌4日、鳴門市大塚美術館で行われたコンサートでは、Dr.Bernstein の指揮で、「第九」の演奏に先立って、
東北大地震の犠牲者にささげる同氏作曲の「フクシマ・リクイエム」の日本初演がL.A.Daiku のメンバーによっておこなわ
れ、聴衆に大きな感銘を与えた。
第32回鳴門第九演奏会 2013年6月 日 (日)
 
この年はDr.Jeffrey Bernstein が指揮者として招聘され、L.A.Daikuから大挙46名が参加。 Dr.Bernstein 作曲の
「Dream of Japan」の初演が行われた。 
第33回鳴門第九演奏会 2014年6月2日 (日)
 L.A.Daikuから4名が参加。
第34回鳴門第九演奏会 2015年6月7日 (日)
 L.A.Daikuから6名が参加、 鳴門の姉妹都市。リューネブルク(ドイツ)から、同市市立劇場の音楽監督
Thomas Dorsch氏を指揮者として迎えた。
第35回鳴門第九演奏会 2016年6月5日 (日)
 L.A.Daiku から6名が参加。コンサート前日のワークショップの「全国の会紹介」で、日本国外で登録第一号の L.A.
Daiku が紹介され、発足の経緯、団体規模、活動内容などを発表した。
カリフォルニア交響楽団 第九演奏会  2010年8月22日(日) 
 L.A.Daiku 初のコマーシャルベースのコンサート、カリフォルニア交響楽団演奏会が、ウオルトデズニー・コンサートホール
で開かれ、L.A.Daikuから有志47人が参加した。 コンサートは満員の盛況で、第九の最終楽章が終わると、盛大なスタンデイン
グ・オベーションが巻き起った。

カリフォルニア交響楽団 第九演奏会 2012年8月26日(日)
 隔年恒例のCalphilの真夏の第九コンサートに、2回目の出演を招聘された。
合唱の指導・指揮は昨年と同様、Ms.Marya Basaraba。 会場はWalt Disney Concert Hall。 Calphil Chorus の約80名と第九
を歌う。 指揮はMaestro Victor Vener。 ロサンゼルスNo1のホールでのプロと合同の合唱の体験はL.A.Daikuにとって得がた
いチャンスである。 今回は2度目であり、4回の練習で演奏には暗譜で臨んだが、前回にもまして満場の喝采を得た。 
 

メサイア・シングアロング 2011年12月12日(月
  年末恒例のWデズニー・コンサートホールでの、L.A.フィル、L.Aマスターコラールによるヘンデルのメサイヤ全曲。 これ
に聴衆も客席から一緒に歌って参加する。
 L.A.Daiku からは約30名が参加してこのイベントを楽しんだ。 以後毎年多数参加している。 


  
東北大震災 災害復旧ほかチャリテイーコンサート
全日本「第九を歌う会」連合会コンサート

ドイツ・ホームカミング・コンサート
オペラ「かぐや姫」
カリフォルニア・シンフォニー・第九コンサート        市民クリスマスコンサート    
ロサンゼルス・シンフォニー・メサイヤ。シングアロング    賛美大会コンサート
アジア・アメリカシンフォニー・50周年記念コンサート     その他 
市民クリスマスコンサート 2010年12月18日(土) Los Angeles Union Church (Little Tokyo)
 恒例の市民コンサート。他の日系コーラスグループとともに、ヘンデル・メサイヤから「見よ、神の栄光」、 「ハレルヤ
コーラス」ほかを歌い、好評を博す。 リトル東京エリアでメサイヤが歌われたのははじめて。
 L.A.Daikuは参加する日系グループでは最大で、45名が参加、コーラス全体をリードした。
 前者は菅直子、後者は菅恵子さんがそれぞれ指揮をつとめた。。 
 L.A.Daiku の今後の指導・指揮にあたる Dr.Bernstein  が、4回にわたる講座を設け、
音楽・社会・合唱について名講義を行った。 

第1回 2010年4月17日(土)
 第一回は「コーラスとコミュニテイ」と題して行われた。 LA Daikuのメンバーの約半数43名が出席して、ユーモア溢れる
講座を楽しみ、コーラスにおける相互奉仕と信頼の精神を学んだ。
第2回 2010年5月8日(土)
 第2回は「音楽の三つの要素、リズム、メロデイ、ハーモニー」。 LA Daikuのメンバー以外にも多くの参加者があり、鍵
盤とご自身の美声を使ってのユニークな講座を楽しみ、音楽・合唱の奥深さを学ぶ。 最後に「第九」合唱のサワリを全員暗譜
で歌い、歓びを分かち合った。 
第3回 2010年6月19日(土
 毎回好評のうちに第三回の音楽講座が行われた。 今回は特に外部からの参加者が多く、「合唱における発声法」を実際に
発声しながら学んだ。 とくに「裏声のテクニック」は、初めて聞く人も多かったのではないか。 
第4回 2010年 7月10日(土)
 合唱講座のシリーズの最終回が、バーンシュタイン博士の「ベートーベンを考える」と題する講義が行なわれ、活発な質疑
回答の後、最後に第九合唱の「大フーガ」部分を全員で合唱して、このシリーズの幕を閉じた。 出席者にはアンケート
フォームが配られ、コメントと次回シリーズへの要望などを記入して提出した。

 
この講座を記録したDVDがあります。 閲覧をご希望の方は、テナーの篠田まで。
Maestro Victor Vener
David Benoir conductor
2017

 Mission Valley Free Methodist Church では 、恒例のイースター、クリスマス音楽礼拝に毎年参加しており、教会コワイヤと
ともに讃美歌、ハレルヤコーラスを歌いコングリゲーションと親交を深めている。 毎回菅恵子さんが指導・指揮されている。
オペラ「かぐや姫・全二幕」
2015年8月22日 アラタニ・ジャパン・アメリカ劇場
  平井秀明脚本・作曲・指揮
  オペラかぐや姫LAオーケストラ、ピアノ菅直子、
  かぐや姫LAコーラス、コーラスマスター・坂崎愛子
 
  L.A.初のオペラ「かぐや姫」公演であるが、L.A.Daiku
は現地での準備委員として、また18名のメンバーをコーラス
に送り、積極的に支援して公演の成功に貢献した。
一般コンサートへの参加
2009~2010

 生まれたばかりのコーラスグループのL.A.Daikuにもステージで歌う機会が訪れた。 その第一号は2009年8月29日(土Eli & Edyth Broad
Stage in Santa Monica にて、
Billy Bragg の英語オリジナル歌詞による第九コンサート。 オーケストラは  Asia America Youth Orchestra ,
指揮はDavid Benoir氏。 L.A.Daikuの参加者は23名。  
 二回目の機会は2010年1月17日(日
)第4回クロアチア共和国文化祭 棚野泰全氏指揮。 ロサンゼルス・グリークラブに合流する形で、LA Daiku
より男声8名が参加。同国の愛国歌「ウボイ、ウボイ」を歌い、絶賛を博した。 L.A.Daiku としては最初の大きなステージでのパーフォーマンス。 

 このほか、
2010年6月20日(日)
 ニューヨークのカーネギーホールで、新生交響楽団 World Civic Orchestra & Choir の初回演奏会が催され、L.A.Daiku から4名が参加したが、
新生のグループにはステージで歌えるの機会が少なく、自前のコンサートを望む声が上がってきた。
 
 また当時L.A.Daikuのメンバーとしてアルトを歌っていた菅恵子さんがご自身の関係する近郊各地の教会での、バッハ、ヘンデル、ハイドンなどの曲
を歌う機会を紹介してくださることが多かった。 
2009年10月17日(土)の ガーデナバレー・バプテイスト教会におけるハイドン・オラトリオ「天
地創造」から第14曲「天は神の栄光を告げる」、また 
2009年12月20日(日)ミッションバレー・フリーメソデイスト教会クリスマス音楽礼拝にてのヘ
ンデル・メサイアより「ハレルヤ・コーラス」など、L.A.Daiku からの参加者は22名と、初期のL.A.Daiku  にとっては最高の技能向上のチャンスと
なった。
憧こがれのカーネギー・ホール
第4回「第九」ホームカミングコンサート 2017年3月11日    
 Lueneburug&Bonn , Germany 
 
 全日本「第九を歌う会」連合会主催の国際コンサート。 日、米、中、独の4
カ国から150人が参加、Mr. Thomas Dorsch の指揮で「第九」を演奏、ひき続き3
月13日 Bonnのベートーベンハウスにて、
Dr.Bernstein の指揮で、「第九」を演奏した。 
 L.A,Daikuからは20名が参加した。